読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

Mr children 『友とコーヒーと嘘と胃袋』 歌詞意味・解釈~間奏での早口台詞~

f:id:a-rulership:20160830221826p:plain 

どうも!管理人です!

今回はアルバム“Q"から『友とコーヒーと嘘と胃袋』を取り上げます!!

 

トリッキーなアルバムであるQのなかでも、特に異彩を放っている曲ですね。

カラオケで歌おうとして撃沈した…という方も多いのでは?笑

間奏の早口言葉の台詞が一番特徴的です。 

 

ではでは、今回も歌詞を追っていきましょう( ^^)

 

【以下、考察】

f:id:a-rulership:20160831000439p:plain

あぁ風の噂で君の話を聞いたんだよ
結婚はしたけれどあまり幸せではないらしい

僕にだってそれなりに守る生活があるから
何をしてあげられるという訳じゃないけど 友よ

この友というのは、女なのか男なのか。

個人的には異性の友という印象。

 

主人公の家庭=それなりに守る生活

でも〝それなりに”ってことは、主人公もさほど幸せではないのでしょうね。

 

f:id:a-rulership:20160831000547p:plain

あぁ男もまた女によって変わるんだなぁ
最近は紅茶よりもコーヒーを飲んでるんだよ

あの娘の吸う煙草の口の中の残り香と
にがいコーヒーとの相性がとてもいいから 飲むよ

自分自身が煙草を吸わないからか。

煙草を吸う女を好きでないからか。

 

どうにも、この主人公の現状が幸せそうには聞こえません。

曲のメロディーラインがそうさせるのかな?

 

 Ah コーヒーを飲むよ mm

タバコも飲むよ 飲むよ~ oh
お酒も 飲むよ 飲むよ~
何だって飲むよ yeah yeah

何だか投げやりな感じ。

本当はコーヒーよりも紅茶が好きなんでしょ?

ついでに言ってしまえば、本当は友のことが好きだったんじゃないの?

 

 

ここから早口台詞

f:id:a-rulership:20160831001032p:plain

人を物真似した~ 後先とか考えちゃ駄目だよ
だってそもそも今日(こんにち)の自分なんて初めから無いも同然だからね!
もう一気だよ!! そりゃそうだよ!!

例えばそれが無茶苦茶な要求だろうが
例えばそれが傲慢な女のワガママだろうとさ!!

飲むよ!! 飲ませてちょうだいよ!!いいねぇ! 飲む達人になりたいね 

ある意味もうあこがれに近い感じがあるね!!

キレッキレです

ちなみに桜井さんは、お酒が入って酔った状態でレコーディングしたらしいですよ。

 

そしてやっぱり今の女に不満たっぷりでした。

無茶な要求もワガママも飲み込んでいるようです。

 

赤塚不二夫にキース・リチャードね 野坂昭如に藤原組長でしょ!!?
粋だねぇ!! 下町情緒だねぇ!
嗚呼!それはちょっと違うか

脱線しちゃったね 脱線だょねぇ
でも僕はね 脱線はいいけど惰性で生きちゃ駄目だねぇ
これ僕のポリシーよ 惰性で生きちゃだめ!! これ僕のポリシー!!
上手い事言った!! 上手い事言った~~!!

赤塚不二夫あたりのくだりは意味不明…

でも惰性で生きちゃダメってのは確かにそう。

確かに上手い事言ってるけど、このテンションはヤバいです(笑)

 

f:id:a-rulership:20160831001314p:plain

そう僕の今年の運勢はとてもいいんだなぁ

下らないB級雑誌に書いてあったけど
信じる事の出来そうな位のかわいい嘘は
なるべく信じてみることにしたんだから

これはイミテーションの木に近いものがあるなぁ。

 

どうせ占いなんて、当たらないってわかってる。

でも、良い運勢が出てるなら少しは前向きでいられるから。

やみくもに否定しないで、迷信でも願望だとしても信じてみようってことでしょう。

 

f:id:a-rulership:20160831001416p:plain

さぁ見てみろよ今や世紀末は遠い過去の話だ
そもそもキリスト教に僕はなんの信仰もない
罰当たりと言われてもクジラやイルカの肉も食べる
悲しみも憎しみも愛しさも優しさも いやらしさも食べるよ

この曲が収録されている〝Q”というアルバム自体は2000年発売。

世紀末なんて世間は騒いでいたけど、そもそもが西暦という考え方自体がキリスト教なんだよね。

確かに信仰してなければ、なんのこっちゃって感じです。

 

 

『罰当たりと言われても~』このくだりはお気に入り。

クジラやイルカの肉は、捕鯨反対の国とか勢力がうるさいですからね。

ただ桜井さんが言いたいのは、捕鯨問題がどうのこうのっていうよりは、思想の違いや価値観の違いも受け入れようということ。

 

そして食べるという表現は、糧にするという意味。

悲しいことやイライラすることも、人生のなかでかけがえのない大切な物事です。

 

恋人の無茶な要求だったり、あまり幸せではない生活も、嫌なところばかりに目を向けないで受け入れていこうというメッセージではないでしょうか。

おわり!