社会のルールを知ったトキ

株式投資やファイナンスなどで気になったことを記事にしてます

あなたは仕事をしていて感動したことはありますか?

f:id:a-rulership:20161020171222p:plain

どうも!今回は仕事ネタ。

最近どうも仕事への情熱が薄れてきた私。

 

というのも、先日上司から「昔のお前は会社を変えたい!っていう熱さがあったよな」と言われました。

考えてみると、確かに若いころは無鉄砲で青くもあり、でも情熱を持って仕事をしていました。

 

それが年数を重ねるにつれて、型にハマったというか、どうせ無理だし…という消極的な姿勢になっていたのかもしれません。

理想を追いかけることを辞めてしまったのです。

 

上司からの何気ない言葉に、何気に衝撃を受けた私。

そんな状況を打破しなくては!と思い、そもそもの自分の仕事を見つめなおしてみました。

 

ただ正直言って、答えはまだ見つかっていません。

だけど、何かきっかけは掴めたような気はしています。

今回は私が考え、整理した内容をまとめました。同じように仕事への向き合い方に迷っている人の何か参考になれば幸いです。

 

人は何のために働くのか

f:id:a-rulership:20161020170214p:plain

一番初めはここから考えてみました。

言ってしまえばお金。生活のためですよね。

家族の笑顔を支えるためだったり、趣味や夢のためにお金を貯めているっていう人もいるでしょう。

 

でもきっとそれだけじゃない。

人間関係だったり、仕事内容だったり。

いくらお金のためといえ、社会にはたくさんの仕事があふれています。

 

そんななかで今の仕事を辞めずに続けているということは、きっと何か他にも理由があるはず。

 

私の場合は、他人に貢献できているという感覚かもしれません。

業務上、顧客からも部下からも問い合わせに答えたり、質問に答えたり。

そのなかで感謝される瞬間が嬉しい。

 

自分の価値を誰かのために使えている感覚。他人に必要とされることで、自分を肯定できるのです。

その瞬間があるから、苦しくても頑張れる。

 

 

あなたの仕事はどうでしょうか?

誰かに感謝されたり、喜ばれたりしていますか?

 

 

あなたの会社の経営理念は?

 

今まで仕事をするなかで、自分の会社がどういう理念のもとで経営されているのかなんて、考えたこともありませんでした。

今回、自分の仕事を見つめなおそうと思ったとき、ふと目に留まったのが経営理念だったのです。

 

自分の会社が社会の中でどんな立ち位置にいるのか。

わかりやすい例でいえばディズニーランド。

とびきりの感動を提供する企業として、書店で数々のティズニー本が並んでいますよね。

 

逆に、PCデポの事件のように、無知なお年寄りなどから不当ともいえる契約を取り付けるような仕事をしている場合。

※もちろん全員がそういうことをしているわけではないと思います。

 

従業員も心のどこかで罪悪感があるかもしれませんし、社会に貢献できているかというと、そうではありませんね。

いくら利益をたくさん挙げても、従業員の満足度や帰属意識は薄いものになるはず。

 

友人や家族に胸を張って誇れる仕事、会社なのかどうか。

情熱の有無は大きく変わってくることでしょう。

 

私の会社は幸い、社会のために貢献できている企業でした。

経営理念もしっかりしていますし、私自身も共感できる方向性でした。

 

 

仕事で迷ったとき、一度企業理念を読み返してみることはお勧めです。

自分が属している組織が向かおうとする方向性。

そこに共感できるなら、仕事への意識にも変化があるかもしれませんよ。

 

 

仕事で感動したことはありますか?

f:id:a-rulership:20161020170315p:plain

私はあります。

 

それは昇進し、チームリーダーとして初めて配属されたときのこと。

私は新しい業務をこなすことで精いっぱいでした。

ただ、部下たちはそんな私に対して本当によく着いてきてくれたと思います。

 

異動が決まり、今のチームで働く最後の日。

チームのみんなは私に自作のフォトアルバムをプレゼントしてくれました。

そこにはチームのみんなでの飲み会だったり、仕事風景の写真が綴じられており、みんなからの感謝の言葉も添えられていました。

 

お客様から感謝の言葉をいただいたりして泣きそうになったこともありましたが、ここまで感動したプレゼントは生まれて初めての経験でした。

 

 

どんな会社にしたいのかを再認識できた

f:id:a-rulership:20161020170941p:plain

そもそも昇進したい!と強く思ったきっかけというのも、従業員がより働きやすい環境にしたかったからでした。

ただ忙しさにかまけて、そういう会社を変えたい!っていう意識がいつの間にか薄れてきて、業績をつい追いかけてしまいがちだった私。

それでも部下たちは、また別の感情を私に抱いてくれていたようです。

 

 

活き活きと笑顔で仕事ができる会社に勤めたいし、そんな環境を私は目指したいです。

部下にも、仕事を通して感動してほしい。

せっかく働くのだから、小さなことでもいいので、『何かこの会社で働いていてよかった』と思える出来事を作ってほしい。

 

「昔のお前は会社を変えたい!っていう熱さがあったよな」

そんな上司の言葉をきっかけに、私は自分の目指すべきビジョンを改めて認識できました。

 

 

じゃあそのために自分には何ができるだろう? 

その答えはまだ見つかっていません。いち社員の私にできることは限られています。

ただ、目指す場所が見えたので、気持ちに変化が生まれました。

 

なんだかワクワクしてきたのです。

仕事への情熱とはまた違うかもしれませんが、この気持ちを大切にしていこうと思います。

おわり!