読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

曖昧なバザーの話

f:id:a-rulership:20161025140610p:plain

通勤途中にデイサービスのセンターがある。

いつものように信号待ちをしていると、1枚の看板が私の目に飛び込んできた。

デイサービスセンターでバザーを行うというのだ。

 

何の気なしにセンターの窓を覗くと、そこはどうやら事務所のようだった。

壁にはバザーで使うのであろう、ポップが張られており、300円という商品の価格も書いてあった。

しかし肝心な商品名は書いていない。

 

「このあたり 300円」

 

…非常に曖昧である。

 

 

さらに目を凝らしてみると

 

「このへん 100円」

 

このへん??

どこからどこまでが、このへんなんだろう。

 

これで問題は生じないのか。

いくらお年寄りの多いデイサービスだからといって、あまりに乱暴ではないか。

そんなことを考えているうちに、信号は変わる。

 

 

歩きながらよくよく考えてみると、ポップが張ってあったのはあくまでも事務所である。

実際に販売する際には、価格の区別がつくように、販売ブースの距離を取っているんだろう。

距離があれば、「このへん 100円」「このあたり 300円」という非常に曖昧な表記でも混乱することもあるまい。

 

 

そう考えると、随分とほのぼのとした光景が目に浮かぶ。

私はにやりと笑い、その場を後にした。

 

 

今日もまた、厳しい仕事が待っている。

しかし、そんな朝の通勤途中に、一服の清涼剤となってくれたバザー。

私はそのバザーの盛況を心から願ってやまない。