社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【公式が認めた】話題の楽天モバイルに危険すぎるデメリットが発覚!!【格安SIM】

f:id:a-rulership:20161225015238p:plain

どうも!今回は格安SIMの話。

最近急速にシェアを拡大している楽天モバイル!!

 

料金プラン面のメリットは確かに大きいです。

3台キャリアからであれば、解約金を払ってでもMNPする価値があるでしょう。

楽天モバイルでは端末の補償オプションも用意しており、アフターサポートもMVNOの中では比較的充実している方です。

 

ただし!!

楽天モバイルには公式も認めた危険すぎるデメリットが存在するのです。

ネットで検索しても全然出てこなかったので、今回はそちらを紹介しようと思います。

 

何かあってからでは遅い!

楽天モバイルを検討中の人には、このリスクを考慮してほしいものです。

 

致命的な危険性

f:id:a-rulership:20161225022016p:plain

楽天モバイルの公式も認めたデメリット。

それは紛失・盗難時の対応です。

 

通常、スマホを落としたり、盗まれたときというのはサポートセンターへ連絡して回線の一時的な停止・中断処理をしてもらいます。

他の人が落としたスマホを拾って電話を掛けたり、ネットに繋げないようにするためですね。

 

しかし、楽天モバイルの場合そもそもサポートセンターが24時間営業ではないのです。

※営業時間は朝9時から夕方18時。

 

例えば忘年会の帰りなんかにスマホを落としたとします。

ですが楽天モバイルの場合は、翌朝になるまで電波停止の手続きを申し込みできません。

 

しかも楽天のサポートセンターは常に混み合っており、なかなか繋がらないことで有名です。

日中、仕事の休憩時間に電話しても繋がらず、何もできないということも想定できます。

 

さらに危険なのは、実際にSIMの回線停止が行われるまで3日程度かかるということ。

新しく発行してもらったSIMカードが届くまで日数がかかるならわかります。

ですが、電波の緊急停止にそれだけ時間がかかるのは危険すぎる。

 

ちなみに、楽天モバイルのサポートセンターに直接問い合わせて確認した情報なので、間違いないはずです。※12/26現在。

 

公式の見解と対処法は!?

f:id:a-rulership:20161225022955p:plain

スマホを失くして3日程度、回線が停止されない。

公式のサポートセンターの人に対処法を聞いてみました。

 

すると

「パターンロックやパスコードを複雑にしておいてもらうしか無い」

とのことです。

 

うーん、まあ今時は大抵の人がロックをかけているし、3日程度なら不正利用も防げるかな?

 

いや、待て!

SIMカードを他の端末に挿入されたら、不正利用を防げないじゃないか!!!

 

これって結構問題じゃないかな・・・

楽天モバイルには早急に対応してもらいたいものです。

 

紛失時のデメリットまとめ

f:id:a-rulership:20161225024201p:plain

さて、楽天モバイルのデメリットをまとめます。

 

① サポートセンターが24時間営業ではない。

② 緊急停止までに3日ほど時間がかかる

③ その間にSIMカードを他の端末に挿し変えられると、完全に無防備

 

2016/12/26現在の情報です。

今後改善される可能性はありますが、現段階では紛失時の危険性は群を抜いているでしょう。

 

3大キャリアは24時間即時で緊急停止可能ですし、機種やキャリアによってはGPSで位置を特定したり、遠隔で画面をロックできる場合もあります。

安いだけで飛びつくと、思わぬところで重大な落とし穴に嵌ってしまうかもしれませんよ。