読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会のルールを知ったトキ

ミスチルとかわいい女子アナを中心に、好きなものや気になったことを記事にしてます

会社に来ていた生保レディを完全論破した話~保険の勧誘を断るために~

マネー

スポンサーリンク

f:id:a-rulership:20170108001122p:plain

どうも!こばやしです。

私の会社には、生命保険の勧誘にお姉さんが出入りしています。

年度末近くでクソ忙しいというのに、生保レディさんは声をかけてくるんですよね。

 

今回は、そんな生保レディを完全論破したお話です。

 

 

その人は以前から、うちの会社に熱心に通っていました。

あまり愛想よくしていたわけでもありませんが、私の名前も憶えてくれていたのです。

 

先日も「こばやしさん!」と声をかけられたのですが、正直私は保険不要論者です。

あまり期待を持たせるのも気の毒でしたので、忙しいながらも足を止めたのです。

以前にも、わざわざ資料を作成して来てましたからね。(決して頼んでは無い)

 

 

こば「あー、私はご期待に沿えないと思いますよ。」

 

保険「どうしてですか?」

 

こば「貯金がたくさんあるんで保険は不要です。」

※同年代よりはあると思いますが、たかが知れてますw

 

保険「あ、それなら年金保険っていうのが…」

 

こば「うーん、やるなら確定拠出型年金を利用するので…」

 

ちなみに私は確定拠出型年金は、まだ始めていません。

資産の拘束がどうしてもネックです。

ただ、税制上の優遇は確かですので、迷っていますが。

 

どっちにしろ、年金保険という選択肢だけはあり得ないですね。

流動性は無いくせに、期待リターンも税控除もDCに負けているんですから。

スポンサーリンク

 

まず100万貯めるんだ。そうすれば人生が変わる

 

保険「DCですか?…詳しいんですね」

 

こば「どうも… 私が加入するとすれば、子供が生まれたあとくらいです。なので今は入る気ありませんよ?」

 

保険「」

 

こば「最近結婚したんですけど、共働きだし私に何かあったとしても実家があるので大丈夫です。

遺族年金もあるでしょうし、私が死んでも妻はお金には困りません。なので、子供が生まれないと生命保険は不要なんです。」

 

 

保険「なら、医療保険は!」

 

こば「私の会社の健康保険組合は、医療費負担の上限は月2万5千円です。

なので、医療保険に加入しなくても貯金で賄えます。」

 

高額療養費制度の一般的な上限は月8万円程度です。

しかし、加入している健康保険組合によってはさらに上限が低いことも。

私の場合は保険適用の医療費は、月2万5千円以上かかったものは申請すれば戻ってきます。

 

心配する点は差額ベット代と先進医療くらいでしょうか。

最近よくCMを見る、働けなくなったときの収入をカバーするタイプの収入保証型の保険も、傷病手当金があるので不要でしょう。

 

サラリーマンの場合は社会保障がとても充実していますので、民間の保険に加入する必要性というのはよく吟味すべきです。

 

私は上級国民という言葉が嫌いだ~プレミアムフライデー批判を考える~

 

保険「…お詳しいんですねぇ」

 

といった感じでした。

保険のお姉さんは結局、「子供が生まれたときに、私がまだここに居たら、声かけてください!」

と、何だかちょっぴり切ないことを言っていました。

保険業界は入れ替わりが激しいですしね。

 

 

面倒な保険の勧誘をハッキリ断るためには、無視するのが一番です。

でも、会社などの他人の目がある場合、あまりに非情な対応をするのも気が引けますよね。

充分な知識を持っていさえすれば、紳士的にしっかりとお断りすることが出来ますよ。

 

保険というのは、住宅購入に次いで人生でとても大きな買い物です。

月々の支払は少なく見えても、何十年単位で付き合っていくものですから、ほいほいと安易に加入してしまわないように気を付けましょう!

スポンサーリンク