社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

ヒトは群れのなかで自分を殺して生きていく

f:id:a-rulership:20170310233459p:plain

ストレンジカメレオン

 

人は様々な顔を持っている。

自宅だったり、職場にいるとき。

友人と一緒の時や恋人と過ごすとき。

 

一貫して同じ自分で居られる人なんて、めったにいない。

みんな、その役割に応じた自分をうまく演じている。

 

 

では、その役割を演じられない者はどうなるか?

素直な自分を愛してもらえるケースもあれば、そうでない場合も往々にしてあるだろう。

 

社会から脱落してしまう人間は必ず存在する。

それはヒトという種が、社会という群れで暮らしている以上、避けられないことだ。

 

 

だが、本当のところはどうか。

上手に生きるためには自分を殺すことも必要だが、果たしてそれが正解なのだろうか。

 

 

私は正解だと思う。

人はいつだって聖者でいたい生き物。

原因を他人に求める。

 

 

子供の世界は狭い。

学校ではいつまでたっても「いじめ」は無くならない。

いじめられる方が悪いなんてことは無し、いじめられる者にも原因があるとも思わない。

 

だけど、当事者たちは違う。

群れから異物を排除するとき、彼らは自分たちを正当化する。

 

臭い 太い 醜い…

だからいじめられても仕方がないのだと…

 

 

本当は理由なんてどうでもよいのだ。

他人を攻撃し優越感に浸りたいが、悪者にはなりたくない。

そんな心理が働いているだけ。

 

 

それは、大人になっても変わらない。

いじめという表面的な事象は起きないものの、陰口の的になったりするのは珍しくない。

 

ただ、子供とは違って自分の力で環境を変えることが可能なので、問題にならないうちに自ら職場を去ったりしているケースも多いのだろう。

 

では、人はどうあるべきなのか。

 

自分を殺すしかないと、私は思う。

それはカメレオンのように、相手に合わせて自分を変えること。

 

自分の心に沿って生きれたら、どれだけいいだろうか。

しかし、いくら綺麗ごとを言ったところで、人間の持つ排他性からは逃れることはできないのだ。

 

ならば、他人から排除されないように務めること。

それが群れのなかで生きていくための処世術だ。

それが出来ない人は、茨の道を進むしかない。

 

the pillowsの「ストレンジカメレオン」という曲のフレーズにこんなものがある。

 勘違いしないでね 別に悲しくはないのさ

抱き合わせなんだろう 孤独と自由はいつでも

 

そう、自由は孤独と隣り合わせなのだ。

 

会社を辞める人、興す人。

フリーで働く人。

 

組織に属さない者には、それ相応の能力が求められる。

それが出来ない人は、周りから浮かないように、攻撃されないように生きなくてはいけない。

 

 

だが、自分を殺すと心が死んでゆく。

なので、何処かで自分を出せる空間を持っておきたい。

 

自宅だったり、職場にいるとき。

友人と一緒の時や恋人と過ごすとき。

文章を書くことだったり、歌を歌うことでも構わない。

 

何処だっていい。

心を取り戻せる場所さえあれば、人は生きていける。

 

 

今回は”自分を殺す”ことが正解と書いたが、一番いいのは自分らしく生きることに決まっている。

排他されないためには、自分を殺すことも必要ということだ。

 

同時に、自分を殺さないで済むようになることも必要だ。

相手を気遣い、感謝することを忘れてはいけない。

そして、能力を高めるために自分を磨くこと。

 

まわりの色に馴染めない出来損ないのカメレオンでは、生き辛い世の中だ。

そのために私たちは何よりもまず、誠実であるべきなのだ。