社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【子育て】男の子をやる気にさせる「よーい、ドン」は魔法の言葉!!

f:id:a-rulership:20170329231333p:plain

どうも!こばやしです。

 

読んでみた子育て本のなかから「いいな!」と思った理論だったり、方法を取り上げてみるこのシリーズ。

第2回目は、「男の子の子育て」について。

 

もちろん、実際に子育てした経験が無いわけですから、人に勧めたりはできません。

むしろ「これはイマイチだったよ」とか「これは意識して本当に良かった」などの反応をいただけると嬉しいです。

 

「よーい、ドン」は魔法の言葉

f:id:a-rulership:20170329231344p:plain

息子が着替えをいやがっているとします。
「このシャツ、好きでしょ。着てみようね。」「このパンツ、すっごく似合うよね!」などと、気に入った服を渡したりおだててみても、見向きもしません。

そんなときは、「お着替え大会、よーいドン!」と言ってみてください。

一気に着替えをがんばってみたり、取り組んだりすることもあります。

いろいろなお手伝いや用事などをしてくれたら、そのつどシールをあげたり、スタンプを押してあげるのも有効です。

出典:男の子にちゃんと伝わる しつけ&言葉かけ

男の子ってやんちゃな生き物。

わがままを言って困ってしまうお母さんが多いそうです。

 

しかし、男の子ならではの特性を掴むことで、良い子に育てることができるとか。

お手伝いやお片付けをしない子には、ゲーム性を持たせるのが効果的なんですって。

 

例えば、前述のお着換え大会。

「どっちが先に着替え終わるか、お母さんと競争ね!」

といったように、お母さんも、子供と一緒になって取り組むとうまくいきそうです。

 

あとはお手伝い。

「お手伝いをしてくれたら1枚シールをあげます!10枚集めたらご褒美をあげるね!」

といったように、ゲーム感覚でお願いすることで、一気に燃え上がるとか。

次第には、「もっとお手伝いないの!?」とおねだりしてくることも。

 

 

単純だけど、こういうのって可愛いですよね。

ただお願いするよりも、一緒になって楽しめたらいいなって思います。

シールを10枚集めてくれたら、思いっきり抱きしめてあげたいな。

 

男の子は「序列」をとても大切にしている

f:id:a-rulership:20170330223638p:plain

これは大きくなっても同じですね。

小中学生はクラスの中でヒエラルキーを形成するし、高校や大学だと学歴で比較する。

サラリーマンになっても出世競争…

三つ子の魂百までとはよくいったものです。 

 

簡単に言えば

「自分は何番目なのか」「少しでも上になりたい」「自分が一番になりたい」

ということです。

そんなことは無い!という男性の方もいるでしょうけど、それはきっと経験に基づいた思考だと思う。

 

男の子の本能はやっぱり、人よりも優位に立ちたいという思考なんでしょう。

大人になるにつれて、挫折や失敗という経験から臆病になってしまって、本能を抑え込んでしまうんだと思います。

 

話が少しそれましたね。

まだ小さい男の子は純粋です。

 

・おしっこをどこまで飛ばせるか競争

・プールでの息止め競争

・牛乳早飲み競争

 

全部、しょうもないことですよね(笑)

女の子や大人からすると馬鹿みたいなことでも、男の子は真剣そのもの!

どんなにくだらないことでさえも、その順位競争に燃え上がります。

 

こういうのって自分自身、思い当たる節があって、男親なら共感できるんだと思います。

そういう男の子ならではの思考だったり考え方を、うまく子育てに結び付けていきたいですね。

 

女の子が欲しいと思ってましたが、こういう記事を書いているとなんだか男の子もいいなーって思ってきましたよ(笑)