社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【投資ネタ】地政学リスクって本当にリスクなのか?イラク戦争時の株価を振り返る

f:id:a-rulership:20170414193044p:plain

どうも!こばやしです。

今回は投資ネタ。

 

4月13日のダウ平均株価は、138ドル安と値を下げました。

アメリカ軍のアフガン空爆やシリア・北朝鮮情勢の緊張状態が高まっており、地政学リスクが株価下落の要因とされています。

 

戦争への警戒感から売りは加速。

結局、ダウ平均株価は3日続落し、約2か月ぶりの安値を付ける結果になりました。

これはダウに限った話ではありません。

 

日経平均株価もここのところ軟調です。

海外投資家がリスクを回避するスタンスを強め、円などの安全資産へ資金を移すことで

日本株が売られる形になっているわけです。

 

朝鮮半島リスクの低下が見込めるまで、この株安のトレンドは続くという見通しですが…

果たして地政学リスクは、株価にとって本当にリスクになり得るのでしょうか?

過去の戦争時の株価を例に、振り返ってみたいと思います。

 

イラク戦争(2003年)開戦時の株価は?

f:id:a-rulership:20170414194500p:plain

イラク戦争は2003年3月20日に開戦。

アメリカが主体になり、イラクへ侵攻しました。

 

上の画像のチャートはダウの長期チャートです。

赤い丸が、イラク戦争開始前後の株価。

リーマンショックまでの間、右肩上がりの上昇を続けたことがわかりますね。

 

ダウ平均株価は、2000年のインターネットバブル崩壊の影響で下落基調でした。

そこにイラク戦争です。

地政学リスクという観点から考えると、さらに株価は下落しそうなものですが、実際には逆に株価は回復します。

 

なぜなら米国という国は、世界で最も軍事産業が盛んな国。

侵略戦争によって、逆に経済活動が活発になったわけです。

 

日経平均への影響は?

f:id:a-rulership:20170414195242p:plain

こちらは日経平均株価のチャート。

赤い丸がイラク戦争開始前後の株価です。

 

イラク戦争開戦前は、日経平均株価は8,000円を割る状態でした。

ITバブル崩壊の下落に加えて、イラク戦争が始まれば米国経済へ悪影響があるとの考えから、株は停滞していたのです。

 

 

イラク戦争が開戦した後はどうなったか。

日本は2003年4月28日(ソニーショックの翌営業日)を株価の大底として、一転、上昇局面に突入します。

 

まずは悪材料出尽くしによる買いです。

それに加えて、米国経済の回復が日本にも波及しました。

同じようにリーマンショックまでの間は、日経平均株価は上昇しました。

 

長期投資家には関係ない

f:id:a-rulership:20170405000705p:plain

地政学リスクは短期的に見れば、株価下落の要因となります。

最近でも、ブレグジットやトランプ大統領当選などによる短期的な大幅下落は多々ありました。

 

しかし、ダウのみならず、日経平均においても暫くすれば回復するのです。

S&P500に連動するVOOなどの優良ETFをコツコツと買い増ししていけば、順調に資産を築けるのは歴史が証明しています。

地政学リスクも、優良な金融商品を安値で買い増しできるチャンスと捉えてみましょう。

 

もちろん、戦争が起きないことに越したことはありません。

あしからず。