社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

天才が評価されない会社に価値はあるか

f:id:a-rulership:20170529234729p:plain

どうも!こばやしです。

今回は天才について少しばかり。

 

天才って言葉にどんな印象を抱くでしょうか。

「天才はいる。悔しいが。」

この言葉の元ネタはトウカイテイオーですが…

 

競走馬における天才は、展開や鞍上に左右されることの無い、絶対的なパフォーマンス。

ただ、オグリやタマモなんかは怪物感はあれど、天才というイメージでは語り切れない気もします。

どちらかといえばサッカーボーイのほうが天才感ありますよね。

 

…競馬ネタから離れましょう。

仕事をしていても、天才はいるなぁって感じることがあって。

同僚に亀井くん(仮名)という男の子がいるんです。

 

彼はとにかく見た目が軽い。

髪型にこだわりを持っていて、セットに時間がかかるようなタイプ。

軽いのは仕事面でもそうで、熱さだったり真剣味には欠ける"ように”見られている。

もっとも、泥臭いことが嫌いで、意識的にそう見せているのかもしれないのだけれども。

 

亀井くんの天才たる所以は、人との心の距離の詰め方。

これがとにかく天才的なんですね。

 

どんな相手でも、瞬時に仲良くなれてしまう。

しかも相手が、これ以上は触れられたくないな…と思うような心の距離の一歩ギリギリまでしか近づかない。

このバランス感覚が天才的なんです。

人を傷つけるような言葉を決して吐いたりしない。

 

私なんかは、心理学や人間関係の本なんかを読んで、理論的に学んで実践して、そこに経験を重ねて試行錯誤しているスタイル。

でも亀井くんは、絶対にそんな勉強なんかしていない。

天性の感覚でやってのける。

彼は顧客はもちろん、クレーマーとも仲良くなってしまうレベルです。

 

それだけに、仕事に関しても彼が本気で取り組めば私なんか、取るに足らないレベルなのです。

それだけ亀井くんの能力は高いんです。

スポンサーリンク

 

また、彼は仕事に対して、良い意味で不真面目です。

緊張していたり、悩んでいるような後輩に対しても、持ち前の明るさで和ませる。

上席から見れば、ふざけているようにしか見えないようなやり方で、です。

 

しかし、そういうことをしている亀井くんは、上席からの評価は芳しくありません。

見た目も軽いですからね。

亀井くん自身も、特に上席から気に入られようとも考えておらず、見た目も注意されても自分のスタイルを貫いています。

 

しかし私も含めてですが、彼を悪くいう人はいません。

それでも会社から、彼のような天才が評価されないのは、間違っているのでしょうか。

 

いや、矛盾するかもしれないけど、間違っているわけではないと思います。

彼は、批判されるべくして、批判されている。

たかが見た目の問題とはいえ、上役が好まないようなスタイルを貫くというのは、そうなることも明白です。

わかっていたうえで、それを選択している以上は仕方がないこと。

 

能力だけ見れば天下一品。

ただ、立ち振る舞いに難がある。

古い価値観のオッサンたちが上にいる間は評価されない。

そんな亀井くん。

 

私は彼のことが大好きですし、尊敬しています。

努力だけではどうすることもできない壁を悠々と超えていく存在。

しかし、彼にとって会社という籠は窮屈すぎるのかもしれませんね。

スポンサーリンク