社会のルールを知ったトキ

株式投資やファイナンスなどで気になったことを記事にしてます

【米国株投資】VDC(生活必需品セクター ETF)を24万円分購入しました!

f:id:a-rulership:20170520232558j:plain

どうも!こばやしです。

今回は投資ネタ。売買記録です。

 

少し前ですが、6月5日にVDC(生活必需品セクター ETF)を購入しました。

15株ほど購入しまして、為替レートは110.47円。

およそ24万円ほどの買い物になりました。

 

NISA口座は既に今年の枠を使い切っているため、特定口座にて買い付け。

手数料が9.89ドルほとかかっています。

NISA買い付けでない場合、やはりこの手数料がネックになってきますね。

 

下の画像が現在の米国株ポートフォリオとなっています。

f:id:a-rulership:20170614002351p:plain

今回購入したVDC(特定口座分)は1株あたり146.51ドルで約定したのですが、手数料と若干の株安から含み損となっていますね。

ドルベースでマイナスなのはVDCのみ。

 

PFFは円換算だとダメですねー。まあ、分配金だけで月1800~2200円くらい吐き出してくれているので、全然いいんですけど。

 

手数料に関しても、NISA枠が復活する来年の1月まで待っているのもどうかな…というところ。

期待できるリターンを考えると、早めに投資したほうが良さそうだから。

分配金だって出ますしね。

 

VDC(生活必需品セクター ETF)の10年チャートも後押ししてくれます。

見事な右肩上がりです。

f:id:a-rulership:20170614003107p:plain

 

VDCはその名の通り、生活必需品を扱う企業群で構成されています。

P&Gやコカ・コーラ。タバコのフィリップモリスやアルトリアグループなど、超メジャー企業が中心。

 

例えば、愛煙家は景気が悪かろうが、タバコを買わないなんてことをしませんよね。

コカ・コーラも、どんなときにも変わらず売れるもの。

すなわち、それほど景気循環に対して敏感でない業種の企業たちなんです。

 

現在のような株高局面ではパフォーマンスが低調ですが、それでもこの上昇度。

VDCは長期で見れば超心強いETFなんですよ。

チャートの2008年~2009年頃を見ると、リーマンショックにもさほど影響を受けておらず、すぐに上昇を始めています。

景気に敏感でないという点は、不況局面に強いということ。

好景気での上昇が見込めるVTIと組み合わせることで、安定した資産増が見込めるというわけです。

 

NISA口座を使い切ったあとの方針は下記の記事にまとめていますが、今後も奇数月はVTIを、偶数月はVDCを買い付ける方針です。

 

VTIとVDCというETFは長期で勝つ確率が非常に高いものです。

NISA枠が復活する1月までは、この二つをどんどん買い増ししていきますよ!!

スポンサーリンク