社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

職場・社内恋愛がこんなに素晴らしいって知ってた??メリットを体験者が語る【脈あり・告白・別れ】

社内恋愛のイラスト

どうも!こばやしです。

今回は職場恋愛について。

 

皆さんの職場ではどうですか?社内恋愛ってありますか?

かくいう私も妻とは社内恋愛なんです。

そんな私が体験して感じた、職場で恋人を作る際のメリットをたくさん紹介しようと思います。

 

毎日、職場で一緒にいれば、そこで恋が生まれることもあるもの。

彼女や彼氏が欲しいという人や、すでに恋愛中の人など、何かの参考になれば幸いです。

 

職場・社内恋愛はこんなに素晴らしい!

 

出会いが多い

まずはこれでしょう。

恋人のいない社会人の理由で1番多いのが、「出会いがないから」というデータもあるくらいです。

会社と家の往復になっている人も多いと思いますが、その会社こそが出会いの場なわけです。

 

ある程度の規模の会社なら、年頃の異性もきっといるでしょう。

新入社員が来たり異動などがあるような会社であれば、さらに出会いの可能性は広がります。

これを生かさない手はありませんよね。

 

仕事へのモチベーションが上がる

美人が近くにいると、男性はいいところを見せようと張り切ってパフォーマンスが上がるという説も存在します。

これは私自身、思い当たる節があります(笑)

仕事ができる男になってカッコつけたいって考えましたもん。

 

また、仕事とは直接関係のない部分でも、モチベーションに良い影響があると思います。

好きな人が職場に行れば、会社へ行くこと自体が楽しくなるでしょう。

今日は話せるかな?どんな服装をして来るだろうか…みたいな感じ!

 

仕事を利用して接近できる

職場であることを利用して、仲良くなるきっかけを作ることが出来ます。

ちょっとズルいですが、頼みごとをする時にも好きな相手を狙ってお願いしたり。

会話のきっかけを作りやすいですよね。

 

お願いを頼んで、その後お礼にまた話しかける。

これも自然な流れで行えます。

女性ならメモを使って、お礼のメッセージを書いてみるのも良いでしょう。

男性からすれば、悪い気はしないものですよ。

 

挨拶も爽やかに、笑顔でしましょう。

良い印象を浸透させます。

スポンサーリンク

 

共通の話題が多い

これは、同じ職場である最大の強みかもしれません。

人間、やはり悩みを共有すると気持ちが通じ合えるものです。

 

悩みを相談したり、逆に聞くことによって、相手の本音や、意外な考え方に触れたりすることができます。

仕事の愚痴や、仕事以外の話題も話すと、グッと距離が縮まりますよね。

これは付き合った後も効果的です。相手の愚痴なんかにも理解を示しやすくなります。 

 

飲み会で仲良くなれる

同僚という役得はまだあります。

飲み会をきっかけにお互い打ち解ける…なんてことはしょっちゅうです。

 

例えば、幹事をあえて引き受けるといいです。

そして好きな相手に、店選びなんかで相談したりする。これも良い口実になるでしょう。 

 

職場の飲み会は、仲が良いグループ同士で企画しても良いでしょうし、他部署と合コンみたいな感じでも可能です。

人脈さえあれば、交流や親睦を深めるという口実になります。

やはり全く知らない人よりも、会社が同じというほうが安心して参加できますからね。

 

 

また、飲み会の席においてはお酒が入ることで、普段とは違う面を発見できます。

意外なところで共通点があったり、趣味が合ったりすることもあるかも。

 

帰り道に、家が同じ方向だとさらにチャンス。

一緒に帰ったことで急接近する例も多いです。会話もグッとプライベートな部分に迫る内容になるでしょう。

例えばどこのスーパーで買い物をするか。朝は何時くらいに家を出ているのか。

会話のなかでこういう情報を引き出せれば、会社の外でバッタリ会ったりすることも!?

ただし度が過ぎるとストーカーになってしまいますのでご注意を!

スポンサーリンク

 

情報収集がしやすい

社内で顔の広い人と仲良くなれれば、色々な情報が集まってきます。

意中の相手に恋人はいるのか…趣味は何なのか…

好きなタイプは?

 

仲良くなるためのきっかけだったり、脈ありなのかどうかの判断など、様々な場面で有用だと思います。

ぜひとも活用してみてください。

 

まとめ!

さて、いかがでしたか?職場恋愛のメリットについて書いてみました。

出会いの場として、会社というのは本当に重要な位置にあります。

 

上手に立ち回れば、きっと恋人候補が見つかりますし、想いが成就することでしょう。

頑張ってくださいね!!

 【続けて読みたい】