社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

auの新しいピタットプランでどれだけ安くなるのか!?メリット・デメリットを検証する

関連画像

どうも!こばやしです。

今回はマネーネタ。スマホの料金について検証します。

 

昨今、格安SIMが一般化してきてますよね。

楽天モバイルとか、UQモバイル。あとはYモバイルなんかをCMで良く目にします。

  

しかし5/24には、NTTドコモが『docomo with・シンプルプラン』を発表しました。

3人以上の家族でスマホを利用する場合では、月々1580円で利用可能と、格安スマホへ対する優位性が目立つ物でした。

b-rulership.hatenadiary.jp

 

それに対抗してか、7/10にはauが新プランを発表!!

その名も、

『auピタットプラン』!!!

 

7月14日から提供開始だそうです。

今回はさっそく、ピタットプランがどんなプランなのかを検証。

メリットやデメリットを紹介しますよー!!

目次 

 

auピタットプランとは

関連画像

ピタットプランの大きな特徴は、ユーザーが使用したデータ使用量に合わせて料金が自動的に変化するということです。


これは1か月に使ったデータ量が1GB以内ならば月額2980円。

2GBなら3,980円。

3GBは4,480円

5GBで5,480円。

20GBまでであれば6480円

 

といった具合に、実際に使ったデータ容量に合わせて料金が自動で変更されます

ちなみにこの2980円という金額ですが、通話とデータの基本料金がコミコミになっています。

 

ただ、通話のプランはシンプルタイプ。

30秒ごとに20円の通話料金が利用した分だけ発生するタイプの料金です。

通話が少ない人向けということですね。

 

通話するかどうかでも変わる

f:id:a-rulership:20170711000618p:plain

では、通話もするという人はどうすべきか?

まずはスーパーカケホです。

1回の通話が5分以内の場合は無料というプランです。

通話はするけど、長電話はしないという人向けですね。

 

基本料金は1GBで3480円ですから、シンプルに比べて500円上昇します。

シンプルは30秒20円ですから、500円分の通話は12.5分。

1か月に12分以上通話があるようなら、スーパーカケホのほうがお得ですね。

 

また、時間制限のない完全カケホーダイのプランもあるみたいです。

1GBで4480円。こうなってくると、あまりお得感はありませんね。

スポンサーリンク

 

メリットとデメリット

「au ピタット」の画像検索結果

さて、ピタットプランの特徴を紹介しました。

まずは通話をどれくらいするのかで、シンプル・スーパーカケホ・カケホーダイをチョイス。

そのうえで、1か月に利用したデータ量に応じて2980円から段階的に料金が上昇します。

 

そんなピタットプランのメリットですが、ほとんどネットを使用しないというユーザーについては値下げとなりました。

今までのauでは1GBプランでの最低料金が4900円。

これがメリットだと思います。格安スマホへ移行するような層への引き留めという観点ですね。

 

さらに、2017年12月31日までは「ビッグニュースキャンペーン」を実施。

新規契約や機種変更時にピタットプランに加入することで、12か月の間、月額料金を1000円割引します。

報道にある「1980円~」というのは月1GB以内で、本キャンペーンとauスマートバリュー適用時の価格です。

 

しかし、個人的にはデメリットが多いプランだと思うんですよね。

 

とにかく、自動的に請求金額が変化するのが危険!!!

 

ぶっちゃけ、1GBなんて速効で使い切ってしまいますよ。

YouTubeで動画なんて見たりしたら、1か月もつ訳がない。

今までのプランは、設定してあるプランのデータを使い切ると、通信速度が大幅に低下しますが料金は勝手に上昇することはありません。 

 

しかしピタットプランの場合は、20GBまでストッパーもなく料金がドンドン上昇していくんです。

毎月、こまめにデータ量を確認しておかないと、月の請求がいくらになるのか不明。

正直、かなり不安を感じながら利用することになりそうです。

 

さらに問題なのが、「ピタットプラン」を利用する場合には『毎月割』による端末代金の実質値引きが適用できません。

機種を購入しない人でも現行のプランからピタットへ変更可能なようですが、逆に料金が高くなるケースも考えられますので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

まとめ

f:id:a-rulership:20170711004412p:plain

個人的には、このプランはドコモの新プランの劣化版のように見えます。

唯一の優位性は、ドコモは家族メリット重視ですが、auは個人利用でもメリットがあるという点。

 

しかしそのメリットも、通話もネットもほとんどしない層に限定されます。

なにより、月の利用状況によってドンドン料金が上がっていく不安定さというデメリットが大きいと感じますね。

そもそも、プランの仕組みもわかりづらい。

 

このプランを使うくらいなら、auユーザーは素直にUQモバイルに乗り換えた方が良いんじゃないかな? 

おわり!!