社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【グッチ裕三】ハッチポッチステーションの思い出を語ってみる【ジャーニー】

「ハッチポッチステーション」の画像検索結果

どうも!こばやしです。

今回は懐かし系のネタです。90年代生まれならきっと知っているはず!

 

ハッチポッチステーションについてです!!

 

と、いうのもグッチ裕三さんがメンチカツ屋で炎上しているみたい。

www.excite.co.jp

自身が経営しているメンチカツ屋さんを、番組で絶賛するというマッチポンプを行っていたというのです。

いやー、何やってんのって感じですね(笑)

 

でも、そのニューズで久しぶりにグッチ裕三さんを思い出しました。

同時に、子どもの頃にテレビで見ていたNHKの番組『ハッチポッチステーション』を思い出したのです。

目次

 

登場人物紹介

グッチさん

f:id:a-rulership:20170712000246p:plain

ハッチポッチステーションの魅力に、面白く個性豊かなキャラクターがあります。

まずは、グッチさん。

 

ハッチポッチステーションの世界に登場する唯一の人間。

渦中のグッチ裕三さんが演じて?いました。

マイケル・ジャクソンの「Beat it」で「やぎさんゆうびん」を歌い出すという、パロディネタが大好きなキャラでした。

 

ジャーニー

f:id:a-rulership:20170712000634p:plain

ハッチポッチステーションという、滅多電車が来ない駅の駅員さん。

グッチさん以外はパペットですので、こんな造形をしています。

 

ちなみに本名はジャーニー・タビスキヤネン3世

旅好きやねんって…(笑)

何気に声優が林家こぶ平(現:林家正蔵)だったというのも驚きです。

 

ジャーニーが何かの話のオチで「どうもすいません」って言って、父親の三平師匠のネタを披露したりしていました。

そんなの、小学生が見ても、元ネタがわからないですよねw

子供の親世代も楽しめるように、というコンセプトに沿ったエピソードです。

 

ダイヤさん

f:id:a-rulership:20170712001143p:plain

ダイヤさんは

本名はダイヤグラム。電車のダイヤから取った名前ですね。


「ハッチポッチステーション」構内にあるコンビニエンスストア・「トランクマート」に勤務する店員として存在しています。

性格は非常にワガママで気が強い。さらに、金儲けに余念が無いというキツイ性格です。

そのため、ジャーニーたちからは恐れられています(笑)。

 

しかしその裏では「ミス・ダイヤモンド」という顔をもっており、映画スターとして活躍しているのです。

ちなみにジャーニーはミス・ダイヤモンドが大好きという設定です。

 

エチケットじいさん

f:id:a-rulership:20170712001846p:plain

エチケットじいさんは、関西弁で話す老人です。

なお、特に駅の関係者というわけではありません。

 

杖と眼鏡がトレードマークで、「これ、エチケットやでぇー」が口癖です。

ちなみにハッチポッチステーションの近くへ引っ越してくる前は大阪で英会話の教師をやっていたという設定でした。

スポンサーリンク

 

OPソング紹介

f:id:a-rulership:20170711235912p:plain

ハッチポッチステーションを語るうえで欠かせないのが、OPソングです。

記憶に鮮明に残るそのメロディと、愉快な歌詞。

 

ハッチポッチステーションっ♪
ハッチポッチステーションっ♪

何でもありの 楽しい駅♪
楽しい仲間♪
めったに電車は来ないけど~


さあおいで♪ (ジャーニー!)
みんなで一緒に♪ (グッチ!)
楽しく遊ぼ♪ (ダイヤ!)
ハッチポッチ♪ (ワンワン!) パーティータ~イム♪

ハッチポッチファミリー (NHK「ハッチポッチステーション」OP)より引用
歌:グッチ裕三&グッチーズ 作詞:グッチ祐三 作曲:人良のび太 

こんな歌詞です。

階段を登るジャーニーと、 犬のトランク。

それに対してエスカレーターで上がるダイヤさん。

 

小学生の頃に見たテレビって、なんでこんなに覚えているんでしょうね。

この歌詞も、サイトを見なくても丸暗記していたんですけど(笑)

 

ハッチポッチステーションの魅力

「グッチ裕三 メンチカツ」の画像検索結果 

番組の基本的な流れは、グッチ裕三とジャーニーたちパペットよるドタバタコメディ。
ただ、普通の子供向け番組ではないところが、先述していたように、大人向けのギャグや小ネタが散りばめられているという点ですね。

これは私自身、YouTubeで改めて視聴して気づいた点でした。

 

メインターゲットの子供もですが、その親を意識した内容です。

それも洋楽のパロディなど、見る側に若干のセンスを求める作りになっています。

その甲斐あってか、子供向け番組では日本のテレビ史上最高視聴率をマークしたとか。

 

唯一の人間役のグッチ裕三さんは、この番組をこう語っています。

 

「子供は親の笑ってるところを見ると自然に笑顔になるからね。ハッチポッチステーションは、それを狙った番組なんです」

 

なるほどなー!!

子供向け番組はこうあるべき!って理念だと思います。

 

しかし、こうやって記事にしてみると、やっぱり懐かしいですね。

ハッチポッチステーション、おじゃる丸、忍たま乱太郎。

この流れは本当に楽しみでした。

 

朝は学校を休んだとき限定でしたが、ざわざわ森のがんこちゃん、ストレッチマン、さわやか三組、ニャッキ。

昔のNHKは本当、大好きだったなー。 

スポンサーリンク