社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

【米国株投資】2017年6・7月の配当金を報告します

f:id:a-rulership:20170531234056p:plain

どうも!こばやしです。

今回はマネーネタ。

6月と7月に受け取った配当金を報告します。

 

現在私は、米国株と日本株に投資しています。

米国株への投資で嬉しいメリットは、その配当頻度にあります。

 

日本の株式は年1~2回の配当ですが、米国株はそのほとんどが年4回です。

3か月に1回は配当金が振り込まれるのって、結構嬉しいんですよね。

(ETFの場合は分配金と呼ぶ)

 

また、私が投資しているPFF (iS 米国優先株)は毎月分配金が振り込まれます。

それに加えて、6月は他の銘柄の分配金もあったので、けっこうな収入になりました。

スポンサーリンク

 

6月配当     ※税引き後

「株式投資イメージ」の画像検索結果

米国株式                  単位=$

PFF  iS 米国優先株     - 20.22 (NISA) 
VIG  VG 米国増配         - 7.00 (NISA) 
VTI  VG TotalStkMkt        - 8.29
VYM  VG 米国高配当株     - 4.30 (NISA) 
HDV   iS 高配当               - 12.93 (NISA) 
VDC  VG 米国生活必需品- 11.20
VDC  VG 米国生活必需品- 14.01 (NISA) 

              計77.95$

 

日本株式          単位=円

任天堂(10株)       - 3,427

              計3,427円 

6月の配当・分配金はこのようになりました。

77.95ドルは日本円に換算するとおよそ8,800円程度になります。(1ドル113円と仮定)

ドルでの分配金を円換算するのもナンセンスな話ですが…(笑)

 

VDCがふたつあるのは、片方がNISA口座での買い付け分。

もう片方は特定口座での買い付け分ですね。

 

また、日本株では任天堂から3,427円の配当金をいただきました。

単元未満株での10株投資ですからね。

それでもありがたいです。

 

7月配当     ※税引き後

「株式投資イメージ」の画像検索結果

米国株        単位=$     

PFF iS 米国優先株      - 20.09

                 計20.09

7月分の分配金はこちら。

毎月分配されるPFFのみという結果に。

 

それでもNISA口座で125株も保有していますからね。

20ドルが毎月となれば、それなりに嬉しいものです。

年間で240ドル。日本円で27,000円程度にもなりますよ。

 

しかしPFFについては、毎月少しずつではありますが、分配金が減少している点が懸念材料です。 

ここのところの金融株の好調から、評価額としては利益が出ていますから問題視はしていません。

しかし景気悪化の影響を受けやすい銘柄だけに、中長期で見た場合には出口戦略も考えておかないといけないでしょうね。

スポンサーリンク

 

保有銘柄の状況 

「株式投資イメージ」の画像検索結果

配当・分配金の報告に加えて、ポートフォリオの状況も報告します。

7月15日現在の状況です。 

まずは米国株から。

f:id:a-rulership:20170715000345p:plain

特定口座で買い付けているVTIと、NISA口座のVIGが相変わらず好調です。

やはりハイテクセクターなどの好景気に影響される銘柄が多く組み込まれているETFだからでしょうね。

 

その一方、ディフェンシブ銘柄が中心のETFたちは軟調です。

特に保有口数が多いVDCの不調なのは痛いですね。

f:id:a-rulership:20170715000152p:plain

こちらは日本株。

すかいらーくが不調ですが、12月の年末ラリーまでには上昇しているでしょう。

優待もありますしね。

 

任天堂に関しては年初来高値の39,000円台から見れば、けっこう値下がりしましたね。

それでも充分すぎる含み益ではありますが。

 

さて、現状はこんな感じです。

資産の割合としては、だいぶ米国株式の比率が高まってきました。

高値圏と言われて久しい米国株市場ですが、まだまだ頑張って欲しいですね。