社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

今日は第4火曜日?それとも第5火曜日!?そもそもの数え方って!?

f:id:a-rulership:20171128213513p:plain

どうも!こばやしです。

 

突然ですが、今日11月28日って第4火曜日?それとも第5火曜日?

 

 

 

正解は、第4火曜日です。

わかりました?

 

いきなり聞かれると、私はドキっとしてしまいます。

よく、「定休日は第3火曜日です」というお店ありますよね?

私はそういう時に、あれ?今日って第何なんだ…?みたいになってしまうことがありました。

 

今回はそんな第1、第2といった、曜日の数え方をおさらいします!!!

 

今日は第何〇曜日!?

簡単に言えば、その月にその曜日が来るのが何回目かということです。

今月ならば、11月1日が水曜です。

なら、第1水曜は1日、第2水曜は8日、第3水曜は15日ということになります。

 

11月7日が最初の火曜なので、第2火曜は14日、第3火曜は21日、そして今日28日は第4火曜となるわけ。

 

第1週、第2週と混同してしまう

f:id:a-rulership:20171128213306p:plain

この手の考え方をややこしくしてしまうのは、カレンダーの形式にも関係するかもしれません。
第1週、第2週という言い方があるからだと思います。

 

先述の、その月の1番目の曜日が第1〇曜日という法則を当てはめると、こういうことも起きます。

今月の7日の場合、カレンダーでは第2週に該当するのですが、月の1回目の火曜日なので第1火曜日となります。


11月7日が第1火曜日で11月8日が第2水曜日と、同じ週に第1と第2が混じってしまいます。

このように、第2週だからといって、その週すべてが第2〇曜日にはなりません。

 

また、別の覚え方もあります。

機械的に1か月のうち

1日から7日は「第1〇曜日」
8日から14日は「第2〇曜日」
15日から21日は「第3〇曜日」
22日から28日は「第4〇曜日」
29日以降は「第5〇曜日」

となりますので、これを当てはめるのでもOKです。

この辺は好みでしょうね。

 

さて、以上です。

既に理解されている方からすれば常識ですが、意外と考え方となると知らなかったという人もいるのではないでしょうか。

おわり!

スポンサーリンク