社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

久しぶりのNYダウ暴落だけど、何もしないことが正解だと思う

f:id:a-rulership:20180203233520p:plain

久しぶりにインパクトのある値動きを、NYダウがしていますね。

ブロガーさんも記事を書かれたり、ツイッターでも騒がれたり、ビットコインの騒動に加えての米国株の下落。

 

とはいえ、景気が悪化しての暴落ではありませんから、慌ててはいけませんね。

金利上昇に伴って、相対的な株高が懸念されたとか、年始からの利益確定売りだとか。

理由は様々な考察があるようです。

 

この下落幅はリーマンショック以来なんだとか。

それでも、1月2日のダウは24,824ドルです。

まだ、今回の暴落後のほうが高い。

暴落したといっても、2.54%ですから、調整なんでしょうね。

※2月6日追記しました

 

 

これがいつまで続くのかが焦点なのでしょうが、半年経った後を想像してみると、些細な下落だったと感じるんだと思います。

私も株式投資をしていて、少しわかってきた気がします。

ここで狼狽する人が負ける人です。

 

VTIやIVVはアメリカの歴史と伝統ある、超優良企業が集まったETFです。

ここはのんびりと、じっくりと構えながら、相場の動きを観察していきたいですね。

 

これも経験を積む、いいチャンスです。

ブレグジットや大統領選の乱降下を経験していたのが生きている気がします。

 

※2月6日追記

続落しましたねー。

一時、1500ドル以上の下落。でも底値から500ドル近く値上がりしてます。

市場全体がパニックになってますね。

 

ボラティリティが高い相場は難しいですので、より一層「何もしない」ことが肝要だと感じますよ。

スポンサーリンク