社会のルールを知ったトキ

株式投資やマネー記事が中心、たまに女子アナについて徒然と

NYダウ市場が最悪のパニック暴落!それでも相場から降りてはいけない理由

f:id:a-rulership:20180206184033p:plain

5日のNYダウ株式市場は一時、1597.08ドルも下落。

まさに大暴落といっていいでしょう。

 

ただ、終値では1175.21ドル安(ー4.60%)の2万4345.75ドルで取引を終えました。

一日の下げ幅としては過去最大で、値下がり率としては11年8か月ぶりの大きさだったようです。

 

株価とは不思議なもので、雇用統計の結果が良好で、景気が良くなっているというニュースが出ても下がります。

実態経済と比べて割高という見方も、人の主観。

トランプの税制案を加味すると、割高ではないという見方もあるわけで

今回のようにパニック売りになったのも、アルゴリズムが移動平均線を割ったことによる売りがトリガーかもしれません。

 

何が言いたいかというと、株価なんて人間の心理に左右されるものってことです。

これは2016年の、ブレグジットがトリガーになった下落時のスクリーンショットです。

f:id:a-rulership:20180206184734p:plain

日経平均株価は7.92%もの下落です。

今回の下落よりも酷い有り様ですね。

 

f:id:a-rulership:20180206184737p:plain

こちらはNYダウの下落。

3.39%ですので、こちらは今回よりもマシといったところでしょうか。

 

こうして見返すと、たった1年半で日米ともに、ブレグジットの影響なんて何のその!

パニック売り、狼狽売りせずにホールドし続けた投資家が、利益を拡大させたことがよくわかります。

 

f:id:a-rulership:20180206185209p:plain

ダウの5年チャートです。

2017年の後半からの上昇が極端だったことがよくわかります。

調整は必要不可欠だったということでしょう。

 

ブレグジットやチャイナショックで下落したとしても、この上昇ですから、相場から降りてしまうのは逆にリスキーだと思います。

チャイナショックと違って、50日移動平均線を割っていません。

 

1年後、今回の暴落を振り返ったときに、ホールドしておいて良かったと感じる人のほうが多いのではないでしょうか。

チャートがそれを示してくれています。