ハリネズミの幸せ

乃木坂46・女子アナの画像まとめ

【三日坊主】家計簿が続かない人にピッタリの方法~コツを掴めば必ず続く!!~

f:id:a-rulership:20170405000705p:plain

どうも!こばやしです。

今回はマネーネタ。家計簿について。

 

貯金や節約という話で必ずと言っていいほど登場するのが、この家計簿。

わかっているけど、中々続かない。

三日坊主になってしまう…

そんな人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、すでに5年以上家計簿を付け続けている私が実感した

「家計簿を続けるためのコツ」を紹介します。

 目次

 

歯磨きと同じイメージ

f:id:a-rulership:20171031155309p:plain

物ごとを習慣化するためには、おおむね3週間続ける必要があるらしいです。

逆に言えば、3週間こなせば、よほどのことがない限りで「当たり前」になってくれます。

 

当たり前のように行い、逆にしないほうが気になる事。

例えば「歯磨き」のような感じです。

同じように、家計簿を付けるのが当たり前。付けないと気になる!といった具合にもっていきましょう。

 

項目は大雑把で構わない!

f:id:a-rulership:20171031155121p:plain

家計簿でやっていまいがちな失敗は、収支項目をたくさん設けてしまうことです。

食費、日用品、交際費、衣服代、外食費、水道代、電気代、ガス代、雑費…

挙げればキリがありませんよね。

 

例えば、スーパーで洗剤とお肉とお菓子とラップを買ったとします。

1枚のレシートに上記の項目がたくさん混じっていると、分類からして大変手間がかかります。

まず、項目を細かく分けることを辞めましょう!!!

 

項目自体を、食費・日用品・雑費などと、まとめてしまいます。

そうすれば先ほどのスーパーでの買い物も、合計額をそのまま家計簿に記入すればOK!

とにかく手間を省くことです。

同じように衣服代や飲み代なども、全部ひっくるめて交際費としてしまいましょう。

スポンサーリンク

 

レシートを溜め込まない

 「レシート イメージ」の画像検索結果

家計簿はマメに付けることをお勧めします。とにかく、作業を溜め込まないようにしてください。

まとめて付けるにしても、最低でも1週間に1回の頻度で行うようにしましょう。

 

これは夏休みの宿題みたいなものです。

後に回せば、どんどんと億劫になっていきますよね?

 

さらにいえば、レシートを紛失したりするリスクもあるからです。

飲み会なんかだと、ワリカンでレシート自体が存在しないケースもあります。

そうなってくると記憶やメモに頼ることになりますが、なおさらスピーディに記録しておかないといけません。

 

可能であれば、スマホアプリの家計簿などを利用してください。

コンビニやレストランなど、支出が発生したその直後にアプリでパパッと記録しておくとGoodです。

 

完璧主義にならないこと!

f:id:a-rulership:20171031155046p:plain

続かない人は、続けないための理由を探すものです。

 

レシートがないから、数値がズレてしまう。

1カ月空いたしなぁ…ここから計算するのも面倒だな。

 

といった具合に、完璧主義を求めてしまって、家計簿自体を諦めるケースが非常に多いのです。

大雑把で構いません。多少金額がズレたっていいのです。

 

そんなことで、家計簿の意味がないのでは?と疑問を持たれるかもしれませんね。

しかし、家計簿を付ける意味を考えてみてください。

一番大事なのは、月にいくら収入があって、いくら支出があって、どれくらい残っているのか。

これを把握することなのです。

 

まずは大きなお金の流れを理解します。

その後に、支出が必要不可欠なものだったのか。これは光熱費や食費、家賃など。

それとも贅沢だったのかを区別します。これは衣服や飲み会など。

 

3日坊主にならないことが、まずは優先。

細かい分類や正確な管理は、家計簿が習慣になってからにしましょう。

大雑把で構わない。これが合言葉ですよ!!

おわり!

スポンサーリンク