ハリネズミの幸せ

乃木坂46・女子アナの画像まとめ

2018年になった!NISA枠で買いたい衝動がムクムクと…

「NISA 2018」の画像検索結果

どうも!こばやしです。

今回はマネーネタ。株式投資についてです。

 

2018年になりましたね。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、年が変わると…

 

NISA枠が復活しますね!!

 

 

もう、これがけっこう私にとっては大事です。

とにかく米国ETFをNISA枠で買いたい衝動に駆られるわけですよ。

2017年の枠を使い切ってから、待ちに待った年明けなわけですから。

 

しかしながら、NISA枠は120万円とけっして多くはありません。

まとまった資金を投入すれば、すぐに無くなってしまいます。

とはいえ、1月のダウ平均収益率はマイナスパフォーマンスになりやすいというアノマリーもあります。

 

ドルコスト平均法とまではいかないまでも、衝動買いは避けたいです…

調整局面になったときに、やっぱり焦りますから。

 

しっかしながら、ホールドし続ける握力さえあれば、どうせ回復する米国株。

購入タイミングなんて関係ないとも言えますよね。

配当・分配金を貰えるのも早いほうが資産形成には良いだろうし、上昇局面がいつまで続くかもわからない。

 

あー、もうわからん!!

 

こういうときに、投資信託の自動積立って素敵だと思います。

購入するタイミングが自由というのは、反面、判断に迷う余地があるということ。

 

しかし、改めて実感するのが、贅沢な話だということ。

だって、ここまで安心して投資できるアメリカという国もですし、VTIやHDVといった優良ETFと巡りあえたこと自体が非常に幸運なのです。

 

いまだバブル期の株価を超えられず、ボックス相場になりがちな日本株や、高額な手数料や信託報酬をむさぼる銀行系の投資信託。

劣悪な投資商品を挙げればキリがありませんからね。

 

 

とはいえ、こんな風に迷いながらも、きっと早々にNISA枠を使い切ってしまうんだろうなぁ…

今年もこんなウジウジしていく、臆病者の投資スタイルですが、どうぞよろしくお願いいたします。